menu
営業日カレンダー
  • 今月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    翌月(2018年1月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    (      休業日)

いかせんべいが出来るまで

海産物をお菓子に!
日本で初めての発想が、明治14年から今も変わらず伝えられているのは、ひとえにその味わいの深さによるものです。
明治の頃の宮古に想いを馳せながら、丁寧に焼き上げたいかせんべいをどうぞお召し上がり下さい。
 

 

 

1. イカの煮出し(イカエキス)
時間はかかりますが、手を抜かずじっくりと煮出します。
process_01

 

 

 

2. いかせんべいの生地作り
イカの粉末と煮出し汁と小麦粉を混ぜ合わせます。
イカが口当たりソフトなお菓子に変身する瞬間です。
出来た生地は少し熟成させます。
process_02

 

3. 生地の成型
生地を一枚一枚の大きさにしていきます。
イカが生まれ変わりました。
process_04

 

 

 

 

4. イカの焼き型による焼成作業
一枚一枚に想いを込めて、丁寧に焼いていきます。
process_03
5.粗熱を取る
料理と同じ、冷める時間がせんべいを美味しくします。
静かに冷まして旨みを綴じ込めます。
いかせんべい完成!です。
試食して頂けないのが本当に残念。
ほんのりした甘みの中にイカの香りがギュッと詰まっています。
process_04
6. 袋詰め作業
自動包装機にせんべいを送り袋詰めします。process_05
7. 箱詰め・包装作業
ご家庭用からご贈答まで、用途に沿った包装を心がけます。